海外ではすでに行政や企業でも取り入れられているオープンソース(フリーソフト)。日本国内でも徐々に浸透し始めています。オープンソースを活用すれば、パソコン関連の金銭的負担を大きく軽減できます。


オープンソースについて


日本国外では浸透しているオープンソースを活用したオフィス経費の削減法が、なぜ日本国内では話題にならないのでしょうか??
それには以下のような理由がございます。

パソコン= Windows という固定概念

小学校・中学校・高校などの一般教育課程で触れるパソコンや家電量販店で目にするパソコンのほぼ全てがWindowsだという事が原因だと考えられます。パソコンを購入した消費者がオペレーティングシステムまでも購入しているという認識がない場合が多いです。

無償・無料という言葉からの心配性

無償(Linux)と有償(Windows,Mac)では性能が全く違うのではないかという考えを持たれている方もいらっしゃると思います。WindowsやMacも優れた機能はございますが、有償にも関わらずサポートの打ち切りやウイルス感染などの障害があります。

どういった物なのか分からない不安

Linuxなどのオープンソースは宣伝をほぼ行っておりません。日本での利用者も少ないのでインターネット上で手にできる最新のマニュアルは英語の場合がほとんどです。

オープンソースを扱える人材の少なさ

オープンソースを扱える人材が日本は乏しいというのが現状です。長年Windowsのみを扱ってきた日本の方々の関心が新たなソフトウェア開発思想に基づくオープンソースに傾く事が現時点では少ないと思われます。日本企業で採用されている資格の面でもMicrosoft社関連の資格が他のオペレーティングシステムを開発している企業または団体に比べて圧倒的に多く、日本では現時点でLinuxの知識を得る教育の場がほぼないので人材が育ちにくい環境にあります。

オープンソース:Linux OS


パソコンを動かすシステム(オペレーティングシステム)はWindowsやMacだけではありません。Linux OSを導入する利点について、下記にLinuxの特徴と長所をまとめました。

icon1無償で使える

 WindowsやMacなどの有償オペレーティングシステム(以下:OS)と遜色のない機能を持つ上に無料で使えます。WindowsやMacは各企業の商品として開発され、ユーザーに有償提供されていますが、Linuxは世界中で開発者達がボランティアで開発・発展しているので無償です。

icon1ウィルス・スパイウェアの心配がない

 世に出回るコンピュータウィルスやスパイウェアの多くは基本的にWindows上でのみ動作するので、Linuxならウィルス・スパイウェアに怯える事がありません。対策用ソフトにもお金をかける必要がない為、コスト削減に繋がります。

icon1古くなったPCをリユースできる

 遅くなったPCでもLinuxに乗り換える事で快適な動作を実現できます。Microsoftがサポートを打ち切ったOSからLinuxへの移行は最適です。

icon1種類が豊富

 多種多様なディストリビューションから、PCの性能に合ったものや好みのものを選べます。詳しくはLinux系OS紹介ページで。

icon1ソフトのインストールが安全

 パッケージマネージャー(MacでいうAppStore)がインストールするソフトの情報や出どころを一括管理しています。この機能が存在しないWindowsは、ネット上にある出どころが明確ではない悪質なソフトをインストールする恐れがあります。

icon1仮想化でWindows使用可能

 Windowsがどうしても切り離せないというユーザーは、LinuxをホストにWindowsをゲストOSとして使用可能です。仮想環境上のWindowsであればウィルス感染後の心配がなくなる上に、Windowsでのみ使用可能なソフトも動作します。

icon1USBから起動できる

 WindowsやMacと違い、HDD・SSDにインストールしなくてもUSB・CD・DVD・ネット上から起動できます。面倒な作業なしで利用できる上に、HDD・SSDに負担をかけません。

icon1PCの仕組みを学べる

 クリックでのみ操作可能なWindowsと違い、Linuxではクリック操作はもちろん、コマンドを使ったプログラムの操作も可能です。プログラム言語を学ぶには最適なOSです。プログラムのエキスパートになれます。

icon1Android携帯とブランド統一化できる

 AndroidはLinuxベースのOSです。MacユーザーがiPhoneとMac PCを揃えて使う様に、Android携帯とLinux PCのブランド統一でお洒落なユーザーになれます。

icon1カスタマイズ性が高い

 企業製品であるWindowsやMacはカスタマイズに制限がありますが、Linuxはフルコントロールで自分なりのカスタマイズが可能です。


世界のLinux情勢


海外ではオフィスのパソコンにLinuxを導入し、WindowsやMacと用途に合わせて使い分けるといった方針が定着しつつあります。パソコン機器の老朽化やサポート終了に伴う機器の交換やアップデートなどを、オープンソース導入により、リサイクルという形でコストを掛けずに整備し再利用するという考えです。
オフィス内に10台パソコンがあるとした10台ともWindowsを導入している企業が日本では定番です。10台中何台かに機能面で他のオペレーティングシステムと遜色のないLinuxを導入すればパソコンにかかる費用も大きく削減できます。

そのような実績から海外ではLinuxを導入する企業や行政が増えていきました。しかし無料にもかかわらずLinuxを導入している日本の企業はとても少ないのが現状です。